SERVICE

サービス

株式会社櫻井/パープルクラウドのOEMバッグ

OEM

京都の老舗店や高級ブティックからの依頼(OEM)を受け、貴重な着物地や生地などを使い弊社がデザインしたバッグに多数取り上げて頂いております。
また、有名百貨店、大手高級呉服店のVIP顧客様のカスタムオーダーから、イージーオーダーを行っており、お取引先様から大変多くの支持をいただいております。
OEMバッグ注文の流れ OEMバッグ注文の流れ
株式会社櫻井/パープルクラウドのノベルティグッズ

ノベルティ

結婚式の引き出物や披露宴が終わってから手渡しするプチギフトと言えば、お菓子やグラスと言った定番品が思い浮かぶと思いますが、長く皆様に喜ばれる革製品を贈りませんか?また創立・設立記念と言った他社にはないオリジナルの記念品の製造も行っており、皆様からご好評を頂いております。
ご予算に応じた商品をご提案させて頂きますので一度お問い合わせ下さい。

●お勧め商品
ペンケース、キーホルダー、社員証入れ、名刺入れ、カード入れ、財布、携帯ストラップ、コインケース、ティッシュケース、携帯入れなど

ノベルティグッズ ノベルティグッズ ノベルティグッズ ノベルティグッズ
小ロット大歓迎
(20個からOK)
1,000個以上
対応可能
熨斗・ラッピング対応可
※丁寧に包装いたします
メッセージカードの
添付対応可能
名入れ対応可
※別途費用が掛かります

その他ご不明なことがございましたらどんなことでも、お気軽に弊社スタッフにご相談下さい。

 

ノベルティグッズ注文の流れ ノベルティグッズ注文の流れ
株式会社櫻井/パープルクラウドのオーダーメイドバッグ

オーダーメイド

ハンドバッグを購入していただくなら納得のいくものを持っていただきたい。
世界でたった一つのハンドバッグを持って極上のおしゃれをしていただきたい。

そこで株式会社 櫻井は、弊社オリジナルデザイン・ハンドバッグのオーダーメイドを受付けております。 本クロコダイル、オーストリッチ、ヘビ革を使い、あなたの納得いくハンドバッグを手に入れてください。

ハンドバッグひとつからオーダー可能です。

※ 小物・財布のオーダーメイドは受付しておりません。
※ デザインは弊社オリジナルデザインのみとさせていただきます。

 

オーダーメイドバッグの流れ オーダーメイドバッグの流れ
株式会社櫻井/パープルクラウドのバッグのリメイク

リメイク

着物の生地、帯地のバッグ(カバン)加工にも実績を持って取り組んでいるわれわれが、タンスに眠っている大切な着物や帯をハンドバッグや小物にリメイクして新しい命を吹き込むお手伝いをさせて頂きます。

リフォームと言っても、ただ生地を裁断しミシンを掛けると言った簡易なものではなく、リフォームに出される生地ですからある程度のダメージや耐久性の低下も十分考えられます。ですから弊社ではこの道25年以上のベテランの職人が一つ一つ生地を吟味し、生地にあった下張りを施し、十分生地に耐久性を持たせ、さらに持ち手や底やマチなど負担の掛かる部分には革を使い、バッグ全体に耐久性を持たせ仕上げて行きます。

 

リメイクの流れ リメイクの流れ
リペア

リペア

長年使っていたバッグが壊れてしまった。
そこで株式会社 櫻井は、ハンドバッグの修理/リフォームを受付けております。

手元革の修理

持ち手と本体をつなげている革を指します。切れてしまった革は現状に近い物で作成し修繕します。
カバンの手元革の修理 カバンの手元革の修理

 

ほつれ修理

・手元革の修理

よく体と触れる部分は糸がほつれやすくなります。その部分をもう一度丁寧に縫い直します。

 

・糸ほつれ縫い

持ち手やショルダー部分などと直接ミシンが掛けられない場所に関しては、バッグを一部分解し、修理致します。裏地のほつれ等も修理いたします

※ブランドバッグなど海外製のバッグを縫製するときに使われているミシンと糸が弊社で使用しているものと違う場合があります。極力同じように修理を致しますが、この点はご了承下さい。

 

ファスナー修理

ファスナーを閉めたのに閉めた部分が開くのはスラスの交換が必要です。
引き手の革やアクセサリーは再利用可能です。

※弊社では世界シェアNo.1の、YKK製ファスナーを使用しております。スラス交換の場合、YKK製のスラスが合わない場合はファスナー交換となります。

 

カバンのリペアの流れ カバンのリペアの流れ
カバンのリフォーム

リフォーム

愛着のあるバッグをリフォームして、末永く付き合ってください。

金具交換

長年使っていて、傷や色落ちがあるもの、壊れてしまった金具に対し、交換をすることが可能です。
ただし、ブランド金具や特殊な金具については同じ物での交換はできません。

同じ金具がご用意できないとき・・・

同じ金具をご用意できないとき、1ヶ所だけ交換すると他の金具とのバランスが取れない場合もございます。他の金具の交換もおすすめします。

※出来るだけ近い形の物をご用意します。修理前にお客様に画像で確認していただくこともできます。  ただし、確認いただく場合はよりお時間をいただきますことをご了承ください。

カバンの金具交換

 

持ち手の交換

現状に近い、形、色で職人が一つひとつ、一から時間をかけて制作するため形、色を現状に近いもので制作できます。

 

ショルダーカット

お客様が使いやすいサイズに合わせてショルダーをカット致します。

 

内袋交換

裏地に合成皮革が使われている場合、ネチャネチャした状態になることがあります。
これは接着剤が時間と共に劣化してしまったものです。また保存状態が悪い場合も劣化を早める原因にもなります。このようになったものはクリーニングでは取り除けないので、内袋を取り替えなければいけません。(レーヨンか起毛地になります)

※職人が交換する裏地をもとに、一つひとつ、一から時間をかけて制作致します。極力同じように作りますが若干の違いはご了承下さい。

 

カバンのリフォームの流れ カバンのリフォームの流れ