他社にはない高級素材が多種多様。て

 当社は、2010年に創業60年、会社設立50年をむかえるバッグのメーカーです。他社にはない高級素材(本ワニ・オーストリッチ・蛇・牛革・ゴブラン etc.)を多種多様に揃え、着物の生地、帯地のバッグ加工にも長年の実績を持って取り組んでおります。  またバッグ専門店、ブティック、百貨店、小売店様よりのオリジナルバッグのオーダー等もお引き受けしております。

 弊社をご存知でないお客様や、オンラインでのやりとりしか無いお客様、是非ご連絡をお待ちしております。ご質問、コメント等をいただければ早急にご返信させていただきます。

櫻井ハンドバッグへのお問い合わせ

櫻井ハンドバッグ商品の製造について

櫻井ハンドバッグのワークフロー

弊社では国内生産にこだわり、この道25年以上の専属職人と契約職人数軒を抱え製造を行っております。1軒当たり月平均200~300本の生産能力があります。
 職人に仕事を依頼するときは、職人が仕事をしやすいように会社ですべて段取りをし、仕事を渡します。

[←]段取り完成

弊社での段取り

1.商品になった時その場所に負荷がかかる場合などは、革に耐久性を持たせる為に裏張りをします。

2.革を縫製しやすいように、縫製部分を機械で薄くします。

企画・デザインについて

弊社のバッグはデザインや型起こし、サンプルまで全て社内で行っているのでお客様からのご要望にもすぐに対処できるようにしております。また作成企画段階から使う側の意見を多く取り入れているので女性に使いやすくデザインされています。

1本の商品はかなり細かいパーツに分かれており多くなればなるほどその商品が複雑なことをあらわしております。このような商品の型を起す技術はベテランの職人でも容易にはできない技術で、その職人も社内に抱えているので、弊社ではお客様のご要望に対してスピーディーに対応できます。今まで起した型は数千型におよびます。

検品

 弊社では『不良品0(ゼロ)』掲げ、検品においては2段階体制を取っております。製造後の検品と発送担当による検品を行い、万が一不良品が出た場合は、原因追求し職人に周知徹底しております。
現在の不良品率は1%以下です。

ターゲット

皮革や生地を選ぶ段階からこだわりどこにもないオリジナルなものを追求し続けております。ですから価格帯も一般的なメーカーと比べるとやや高くなります。また少子化がさらに加速する今弊社では年代層もヤングミセス以上に主軸を置き企画から製造を行っております。

ハンドバッグスタイルモデル

全日本爬虫類皮革産業協会の【JRA】タグが付属

日本国内生産で本物の爬虫類等皮革製品表示実施規約に基づき、爬虫類を取り扱うための契約を結んでおります。
この契約を結んでいるメーカーにはそれぞれ「JRA」全日本爬虫類皮革産業協会よりJRAメタルタグ、織ネーム(バッグ内側に縫いこんであります)しおりを購入し、商品に添付してお渡ししております。
この3点には番号が振られており、その番号で製造主がどこであるかを表しております。また日本製であることも証明しております。弊社は220番の番号を協会よりもらっておりますので安心しご使用いただけます。

全日本爬虫類皮革産業協会「JRA」マーク3点をご確認後のお求めを。

その他のTAGについての説明はコチラ